読み込み中…

相続放棄の判断と熟慮期間の伸長について

相続が開始されると、相続人は遺産の相続方法(単純承認・限定承認・相続放棄)を決定します。

しかし、被相続人の財産調査を行った結果多額の借金が見つかったなど、どのような相続方法を選択するか判断に困るケースもあるでしょう。

相続放棄や限定承認を行う際、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所にて申告する必要がありますが、この申告期限は、相続人となったことを知ったとき(通常は被相続人の死亡日)から3ヶ月以内です。この3ヶ月の期間を熟慮期間と呼ぶことがあります。

熟慮期間内に相続放棄や限定承認の申述を行わなかった場合、そのまま自動的に単純承認したとみなされてしまうので、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も全て相続することとなります。

熟慮期間の伸長の申立て

財産調査が進まないなど、何らかの事情によって期限内に相続方法を選択することが難しい場合は、必要書類を揃えて、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所にて「相続の承認又は放棄の期間の伸長」の申立てをすることによって、熟慮期間の伸長を認めてもらえることがあります。

ただし、この手続きの際には、申立書の中に申告理由を記述する必要があります。この理由が相当なものであると認められなければ、熟慮期間の伸長の申立ては受理されません。

3ヶ月という熟慮期間はかなり短く、財産調査が終わらず相続方法を判断しかねているうちに気づいたら期限を過ぎてしまっていた、ということが十分あり得ます。

相続方法の判断についてご不安があるときは、手遅れになってしまう前に、相続に詳しい専門家に一度相談されることをおすすめいたします。

松本相続遺言相談プラザの相続放棄サポート料金

※上記は税込表示となります。
相続放棄に関するサポート
※上記は税込表示となります。
  • 3か月を過ぎている場合の相続放棄は、1名様のみ96,800円となります。
  • 相続放棄の期限がギリギリの場合は、期間伸長の申立てが必要となる場合があります。期間の伸長のみの場合は44,000円となりますが、放棄をする場合は1名目は31,900円となります。

相続放棄についての関連ページ

相続手続きについて知る

相続に不慣れな方でも分かりやすいよう、お手続きの方法や内容をご説明させていただきます。

相続の基本情報

松本相続遺言相談プラザの
無料相談のご案内

1

まずはお電話・メールにてお問い合わせください

松本相続遺言相談プラザへのご来所またはご訪問の日程調整をさせていただきますので、まずはお電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。お客様のご都合の良い日時をお伺いしたうえで、当センターの専門家とのスケジュール調整を行います。

2

笑顔あふれるスタッフがご対応いたします

笑顔あふれるスタッフがご対応いたします。当日はどうぞ安心してご来所ください。
また、道に迷われた際はわかりやすくご案内させていただきますので、遠慮なくお電話ください。

3

お客さまのお困り事をお聞かせください。

初回の無料相談では90分から120分ほどのお時間を設けて、お客様の現在のお困り事や心配事について相続の専門家がじっくりとお伺いいたします。
無料相談の際にお手続きにかかる費用についても明確にご提示いたします。

松本相続遺言相談プラザの
初回相談が無料である理由

松本相続遺言相談プラザでは初めて相続を経験する方にも気軽にご相談していただきたいという思いから、初回のご相談につきましては完全無料でご対応しております。
無料相談では90分~120分ほどのお時間を設け、お客様が現在抱えていらっしゃるお悩みやお困り事をお伺いしたうえで、相続の専門家が適切なお手続きについてご案内させていただきます。

松本、安曇野、塩尻の頼れる専門家として、お客様のお気持ちに寄り添ったサポートを徹底しておりますので、ぜひお気軽に初回無料相談をご活用ください。

松本、安曇野、塩尻を中心に
相続手続き、遺言書作成等を
あんしんサポート!

相続・遺言の
無料相談
お電話でのご予約はこちら 松本、安曇野、塩尻を中心に、遺産相続の無料相談! 0120-391-357 メールでの
お問い合わせ